スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
投資信託にだまされないためには
欲豚さんのブログ記事になっていますが、FXCMを運営するGCIキャピタルの、ヘッジファンド情報サイトヘッジファンドクルークで、投資信託にだまされないためには―コロンビア大教授の新刊本が告発―バロンズ書評という記事が出ていました。
この記事によれば、
「本書の中で著者は、投資信託において、まともな運用をしているファンド・マネージャーは極めて少ないと主張する。著者によれば、「効率的市場理論」はまったく信憑性がないという。コンピュータを使って金融工学を駆使した売買も有効性は低く、またポートフォリオにおけるリバランス戦略はマーケットタイミング戦略の亜流に過ぎず、モノポリーなどのボードゲームと大して差がないと切り捨てている。また、投資信託業界において、顧客にあまり知られたくない「不都合な真実」は、運用資産額の規模が大きいと運用に悪影響を及ぼすということである。リスクの低い割安な株を見つけにくくなるからだ。また、運用資産額が増えれば、スケールメリットでコストは下がるが、運用会社はその分を顧客に還元せず、宣伝費や営業活動に当てている。さらに、投資家の気を引くために、運用会社は投資信託を規模別、業種別、また地域別などありとあらゆる種類に分類している。しかし著者は、異なるセクターを組み合わせてもヘッジ機能を果たすかは疑問であると主張する。」
とのことです。
面白そうな本なので、アマゾンで注文してみることにしました。

日本のアマゾンで買うと、納期が遅いし、高いので、米国の本家のアマゾンで注文しましたが、送料を入れたら結局ほとんど同じ値段でした。ショボ~ンです。

ちなみに、このヘッジファンドクルークも、同じGCIの運営するクルークも、無料で読めるサイトとしては非常に充実してます。
たとえばヘッジファンドクルークには、国内の投資信託の今年に入ってからの成績ベストファイブが出てますが、コモディティ系がずらりと上位を占めています。こういうのを眺めるのも面白いですね。
スポンサーサイト
【2008/05/27 15:33】 | 投資一般 | トラックバック(0) | コメント(0)
FirstradeのMoney Managementについて
Firstradeで、UBOCなど、別の銀行などからACHで入金するには、Firstradeのサイトでログインしてから、My account→Money Managementと進めということになっていますが、僕の場合だけかもしれませんが、My accountのどこを探してもMoney monagementが出てきません。画面の左上のsite mapというところをクリックすると、my accountの下位項目としてmoney managementが出てきて、そこをクリックするとACHで入金が可能な画面が出てきます。プログラムのバグだと思いますが、できれば早急に直していただきたいものです。
【2008/05/24 10:58】 | Firstrade | トラックバック(0) | コメント(2)
FirstradeのValet AccountについてくるVISA Platinum Debit Cardの特典
先日、FirstradeのValet AccountについてくるVISA DEBITCardが、ゴールドからプラチナになったが、その意味がよくわからないという記事を書きましたが、今日、Firstradeからのお知らせの封筒をよく見たら、Enhanced Benefits for VISA Platinum Debit Cardholdersというお知らせのリーフレットが入っていましたので、内容をご紹介しようと思います。(英訳は僕ですのでかなり適当です。間違いがあるかもしれませんので、ご自身で必ず確認してください)
Firstradeについてくるビザデビットプラチナカードには、次のような特典があるようです。
(1)WARRANTY MANAGER SERVICE
商品に最初からついてくる保障期間を、ビデデビットプラチナカードで買った商品に限り、5年まで延長してくれるサービスです。アメリカ国外で買った商品でも保障してくれますが、英語で書かれた保証書が必要で、修理は、壊れてから90日以内にアメリカのフリーダイヤルに電話して登録を行ってからになります。かなりの英語力が必要とされそうです。(ひょっとしたらアメリカまでの郵送料のほうが修理代より高くつくかもしれません)保障は1商品につき1万ドルまで、一人につき5万ドルまでです。
(2)PURCHASE SECURITY
ビザプラチナデビットカードで買った商品を、買ってから90日以内に限り、火事、爆発、暴動、嵐、大雨、飛行機事故、宇宙船事故(笑)、盗難(自動車内におきっぱなしの場合を除く)、家庭内の配管からの浸水などの、普通の保証書だとカバーしてくれない事故について、修理、新品戻し、返金などをしてくれるサービスです。アメリカ国外で買った商品もカバーされます。損失が起こって60日以内にアメリカのフリーダイヤルに電話しないと権利が失われます。サービスをを受けるにはビザカードのレシートや、警察の書類(日本語で受け付けてくれるかは不明ですが)などを添付する必要があります。
(3)AUTO RENTAL COLLISION DAMAGE WAIVER BENEFIT
レンタカーを借りたときに、ビザプラチナデビットカードでレンタル料金を払えば、追加の料金なしに、車両と人身の保険(auto rental CDW)がついてくるサービスです。アメリカ国外でも、イスラエル、ジャマイカ、アイルランド共和国、北アイルランド以外では適用されるそうです。ただし、フェラーリやポルシェなどの高い車などでは適用されないそうなので注意が必要です。
(4)AUTO RENTAL DISCOUNT
AVISでレンタカーを借りるときに、1-800-831-8000をダイヤルして、クーポンコード AWD(Avis Woroldwide Discount)ナンバー B805000をいえば、レンタカー料金を割引してくれます。
(5)VISA ROADSIDE DISPAPCH
車に乗っていて、修理が必要なときに、1-800-847-2869にかけると、59.95ドルで、タイヤ交換、バッテリー上がり、ロック解除、5マイルまでの牽引などをやってくれます。
以下は長くなったので、項目だけ記しておきます。
(6)TRAVEL & EMERGENCY ASSISTANCE
(7)TRAVEL ACCIDENT INSURANCE
(8)LOST LUGGAGE REIMBURSEMENT
(9)EMERGENCY EVACUATION AND TRANSPORTATION COVERAGE
(10)VISA CONCIERGE SERVICE

いずれにせよ、サービスを受けるには、アメリカのコールセンターに電話して、英語でやっかいな交渉をすることが必要になります。日本在住でいる間はあまり意味がなさそうです。

ちなみに、日本で発行される日興ビザプラチナデビットカードはこちら(年会費2万円です)
http://www.nikko.co.jp/service/card/debit/platinum/index.html
【2008/05/24 10:14】 | クレジットカード | トラックバック(0) | コメント(0)
UBOCからFirstradeへの送金についての覚書
いまさらですが、UBOCからFirstradeへのACHを用いた送金の方法について記しておきます。
UBOC(に限らずアメリカの銀行)からFirstradeへACHを用いて送金する場合、あらかじめFirstradeに銀行口座の登録をする必要があります。
まず、自分の口座にログインしてから、上部のメニューから「support」を選び、そこから、「How do I fund my firstrade account?」をクリックします。その中の「Electronic Funds Transfer」の指示に従ってください。具体的には、そのページにある「ACH Authorization Form」
https://pageserve.firstrade.com/forms/en_us/achform.pdf
をダウンロードして、必要事項を書き込み、UBOCの自分の口座の小切手を貼って、その小切手の表面に「VOID」とブロック体でボールペンかサインペンで大きく書き込んでから、そこに書いてある住所
Firstrade Securities Inc.
133-25 37th Avenue
Flushing, NY 11354
に郵送してください。これで手続きは終了です。数日すると、手続きが完了し、ログインした後の画面上部左側の「site map」をクリックして、その中のmy accountの中にあるmoney managementをクリックすると、右側の「Electronic Funds Transfer」というところに、自分の銀行の口座が現れて、送金が可能になります。「Make a Transfer Now」をクリックして、あとは画面の指示に従えば送金できます。
【2008/05/20 01:53】 | Firstrade | トラックバック(0) | コメント(6)
FirstradeのValet AccountのVisa Platinum Cardをアクティベートしました
先日、FirstradeのValet AccountのVisa Platinum Cardが送られてきたのですが、やっと平日のアメリカ東海岸標準時の朝8時になったので、国際電話をかけてみました。
最初に、May I help you?と用件を聞かれたので、ビザデビットカードをアクティベートしたいといったら、まずビザカードの番号を聞かれました。続いて、Firstradeの口座番号と、小切手の番号を聞かれたので、答えたら、それでアクティベートは終了ですと言われました。
いやはや、緊張しました。僕みたいに英語が苦手な人は、心臓に悪いのでやめたほうがいいかもしれないです。

【2008/05/19 21:31】 | Firstrade | トラックバック(0) | コメント(0)
盆栽名人のその後について
またまた「盆栽名人」についての記事ですが、

フォルティス「オプションファンド(盆栽名人)」、4月に繰上償還か 2月29日 13時06分
http://money.quick.co.jp/fund/newsArticleTT.html?code=CAN9790&page=99&num=20
 フォルティス・アセットマネジメント(旧コメルツ投信投資顧問)は29日、追加型株式投信「ポーラスター・オプションファンド(愛称:盆栽名人)」について、満期償還日の2009年12月11日を2008年4月25日に繰り上げて償還する予定と発表した。
 同ファンドは、日経平均など株価指数オプション取引等に積極的に投資する運用方針をとっている。2007年2月末の世界連鎖株安時においては、同ファンドが主たる運用手法として採用する安定した株式相場に強いポジションが裏目にでて損失が拡大。8000円台だった基準価額が3000円台まで大幅に低下した。
 同ファンドは、受益権の残存口数が10万口を下回った場合や、基準価額が7000円以下になった場合、運用会社が信託契約を解約できることになっていて、2007年5月にも繰上償還を予定していたが、受益者の総口数の過半数を超える異議申し出があったため償還は見送られた。
 その後、運用権限を一任するポーラスター投資顧問と共同して基準価額の回復に努めたが、2007年8月には基準価額が1711円の最安値をつけた。2008年2月28日現在の基準価額は2447円、純資産総額は2億3千9百万円、QBRが算出した理論上の口数は9万7671口となっている。運用会社の繰上償還決定に対して、3月31日まで受け付ける受益者からの異議申し出が、総口数の過半数を超えた場合には今回の償還も見送られることになる。 (引用終わり)


ということで、2008年4月25日に繰上償還になっているはずの「盆栽名人」ですが、今ヤフーファンナンスでチャートを見てみると、まだ存在しているようです。
http://quote.yahoo.co.jp/q?s=4431104C&d=c&k=c3&a=v&p=s&t=3m&l=off&z=m&q=l

ということは、受益者の方々の過半数が、異議申し立てをされたようです。
これがさらに傷口を広げないことを祈るばかりです。
【2008/05/19 21:11】 | 投資一般 | トラックバック(0) | コメント(0)
FirstradeのValet Accountがゴールドからプラチナになりました
先日、Firstradeから国際郵便が来て、その内容はValet AccountがVISA GoldからPlatinumになるという通知だったのですが、今日、FedexでValet Accountの新しいカードが送られてきました。
送られてきた手紙によると、アクティベートしないと使えないとのこと。さっそく電話しようと思いましたが、海外からは、平日の、ニューヨーク標準時の午前8時から午後8時までしか受け付けていないということだったので、今日アクティベートすることはできませんでした。(アメリカ国内向けのアクティベートのほうは、週7日24時間うけつけているので、そちらにかけてみましたが、social security numberの入力をしろといわれてそれ以上進めませんでした。ショボーン)
それにしても、どうせDebit Cardで、自分の口座残高までしか使えないのに、Platinumになると何かいいことがあるのでしょうか?だれか知っている人がいたら教えてほしいです。

【2008/05/17 20:52】 | Firstrade | トラックバック(0) | コメント(0)
投資の勉強の続き
先日、投資の勉強を始めたばかりの方に、どういう本をお勧めしたかという記事を書きましたが、今回はその続きです。その方から、次に何を読んだらよいかと尋ねられましたので、またまたいろいろ考えましたが、思い切って、この本をお勧めしました。

この本は、シーゲル教授の「株式投資」の続編です。

(日本で出版されたのは、「株式投資の未来」が先ですが、「株式投資」の方が先に書かれた本です)
シーゲル教授は、「株式投資」を書いていたころは、「・・・わたしは、株式で資産を運用するなら、幅広く市場をカバーするインデックスと連動させる方法がいちばんだと説いた。たとえばS&P500種や、ウィルシャー5000種などだ。」(「株式投資の未来」序文より)と考えていましたが、その後考えを改め、インデックス投資以上にリターンが上がる方法があることを、過去50年のデータをもとに実証しました。それを書いたのがこの「株式投資の未来」です。

ところで、この本を書いた後、シーゲル教授はさらに投資に関する考え方を少し変えたようです。
「雄牛と熊と欲豚と」さんのこの記事を参考にしてください。
http://401k.sblo.jp/article/3923817.html


またまた話題が変わりますが、このシーゲル教授の考え方に共鳴する投資家たちが集まっているのが、2ちゃんねるのこのスレッドです。

シーゲル派の株式投資【動かざること山の如し】
http://live27.2ch.net/test/read.cgi/market/1193400083/

低レベルのスレッドが立ち並ぶ2ちゃんねる投資板の中で異彩を放っているこのスレッドでは、日々高度な議論が戦わされています。

とりあえず、このスレッドの1をコピペします。

1 名前:名無しさん@お金いっぱい。 投稿日:2007/10/26(金) 21:01:23.60 Ca525uSF0
見当たらないので立てた。
このスレは、シーゲル博士の投資手法全般について、日本人が実践するための
シーゲル派のためのスレッドです。

シーゲル先生のD-I-V指針 (最強ポートフォリオ)
①債券? インフレに勝てんのじゃ! 長期投資なら株式全力で逝け!
②低コストの世界分散インデックスに投資じゃ!、売却禁止! 相場の波は全て裸で浴びるのじゃ!
③市場平均じゃ満足できんだと! そんな欲張りさんには、高配当銘柄の配当金再投資が最高じゃ!
④まぁ、とにかく「ばりえーしょん」が大事なのじゃ! 続きはワシの本を買って読め!


ジェレミー・シーゲルとは
ペンシルベニア大学ウォートン・スクール教授(金融論)。コロンビア大学卒業、MITで経済学博士取得。
金融市場に詳しく、CNN、CNBCなどでコメンテーターとしてたびたび登場。
ウォールストリート・ジャーナル、バロンズ、フィナンシャル・タイムズのコラムニスト。JPモルガンでの教育研修トレーニングを担当。

著書
「株式投資 長期投資で成功するための完全ガイド」
http://tradersshop.i-navi.biz/detail_2456.html
200年間の市場データに基づき株式投資の最適戦略を明らかにした画期的名著。
長期的なスタンスで株式投資に取り組むうえで欠かせない知識を凝縮。
過去200年以上にわたるアメリカ株式市場のデータを綿密に分析し、株式長期投資の優位性を具体的な数値で示している。


「株式投資の未来~永続する会社が本当の利益をもたらす」
http://tradersshop.i-navi.biz/detail_2385.html
投資家に本当の利益をもたらすのは、企業の急成長ではなく永続である――株式投資の常識を覆し、銘柄選択のあるべき 姿を提示した、株式投資の新しい教科書。
成長株投資や割安株投資の誤り、そしてバフェット流のバリュー投資手法の正しさを、過去100年以上の膨大な市場データ をもとに立証。長期投資のバイブルとして知られる前著『Stocks for the Long Run』の結論をもう一歩掘り下げ、「成長の罠」に陥ることなく、市場平均を上回るリターンをもたらす銘柄を突きとめた。どの銘柄に、どのように資金を配分すれば、長期的に資産を積み上げることができるのか、そのための戦略を具体的に紹介する。全米ベストセラー。すべての投資家必読の一冊。


で、個人的に壺にはまったレスをコピペしてみます。


732 名前:名無しさん@お金いっぱい。 投稿日:2008/05/04(日) 21:35:23.02 iD3bpVPE0
ちょっと自分の投資戦略の考えをまとめる為、シーゲル戦法とバフェット戦法を混ぜた長期戦略プランを考察してみた。

名称
シゲバフェット戦法

基本戦略株式バイアンドホールド戦法。
・ワールドインデックス=40%(比率は適当、後で考察)
・その他=60%

その他の内訳
・バリュー戦略(バフェット戦略)+高配当戦略+セクター戦略を基本としてこの3種が重複する銘柄を中心に投資する。

アホ経営者でも儲かる事業(商品)を厳選して該当株がセールの時に投資するバフェット戦法だが、保有銘柄がバブル化すれば売却するバフェットさんと違い、俺は繁派なので売却しないですみそうな銘柄を探したい。

もちろん、英語力の乏しい俺に、米国企業の情報を収集して銘柄選択するテクは無いと断言できる!
日本株なら情報も集まるが、日本株に関してバフェットが長期保有したがるような該当銘柄は無いだ ろうと勝手に結論した。
理由は全体的にROEが低く、配当悪く、株主を重視しない風土。無理して日本に投資しなくても、米国に美味しい企業が沢山ある。
日本株はワールドインデックスに含まれる分とTOPIXが大暴落した時に適当にETFで買い増しする程度で良しとした。


以降続く



733 名前:名無しさん@お金いっぱい。 投稿日:2008/05/04(日) 21:35:55.97 iD3bpVPE0
さて、バフェット爺さんの経験と知識にタダ乗り戦略するのでバークシャー保有銘柄を大体調べて、俺のメイン証券会社の楽天で購入可能な銘柄をセクター別に一覧にした。すでにバフェ爺が売却済みの銘柄もあるかもしれんが、その辺は指摘よろ。

テイッカー、企業名、セクター、関連サイト(07年末時点の入手額と評価額)
・KO=THE COCA-COLA COMPANY(食品)1299万ドル→12274万ドル
 http://www.coca-cola.com/glp/d/index.html
 http://moneycentral.msn.com/detail/stock_quote?Symbol=KO
・KFT=KRAFT FOODS INC.(食品)4152万ドル→4059万ドル
 http://www.kraft.com/
 http://moneycentral.msn.com/detail/stock_quote?Symbol=KFT
・BUD=ANHEUSER-BUSCH COMPANIES, INC.(飲料)
 http://www.anheuser-busch.com/
 http://moneycentral.msn.com/detail/stock_quote?Symbol=bud
・WMT=WAL-MART STORES, INC.(小売)942万ドル→948万ドル
 http://www.walmart.com/
 http://moneycentral.msn.com/detail/stock_quote?Symbol=wmt
・PG=THE PROCTER & GAMBLE COMPANY(トイレタリー)1030万ドル→7450万ドル
 http://www.pg.com/en_US/index.jhtml
 http://moneycentral.msn.com/detail/stock_quote?Symbol=PG
・JNJ=JOHNSON & JOHNSON(医薬品他)3943万ドル→4287万ドル
 http://www.jnj.com/connect/
 http://moneycentral.msn.com/detail/stock_quote?Symbol=jnj
・COP=CONOCOPHILLIPS(石油)
 http://www.conocophillips.com/index.htm
 http://moneycentral.msn.com/detail/stock_quote?Symbol=cop
・MCO=MOODY'S CORPORATION(金融格付)
 http://www.moodys.com/moodys/cust/default.asp
 http://moneycentral.msn.com/detail/stock_quote?Symbol=mco
・AXP=AMERICAN EXPRESS COMPANY(カード)1287万ドル→7887万ドル
 https://home.americanexpress.com/home/mt_personal.shtml?
 http://moneycentral.msn.com/detail/stock_quote?Symbol=AXP
・WFC=WELLS FARGO & COMPANY(銀行)6677万ドル→9160万ドル
 https://www.wellsfargo.com/home.jhtml
 http://moneycentral.msn.com/detail/stock_quote?Symbol=wfc
・USB=U.S. BANCORP=(銀行)2417万ドル→2386万ドル
 http://www.ubs.com/
 http://moneycentral.msn.com/detail/stock_quote?Symbol=usb
・AMP=AMERIPRISE FINANCIAL, INC.(金融証券)
 http://www.ameriprise.com/amp/default-refresh.asp
 http://moneycentral.msn.com/detail/stock_quote?Symbol=AMP
・NKE=NIKE, INC.(靴、スポーツ用品)
 http://www.nike.com/
 http://moneycentral.msn.com/detail/stock_quote?Symbol=nke
・GE=GENERAL ELECTRIC COMPANY(コングロマリット)
 http://www.uhc.com/
 http://moneycentral.msn.com/detail/stock_quote?Symbol=ge
・UNH=UNITEDHEALTH GROUP INCORPORATED(医療サービス)
 http://www.uhc.com/
 http://moneycentral.msn.com/detail/stock_quote?Symbol=unh
・BNI=BURLINGTON NORTHERN SANTA FE(運輸)
 http://www.bnsf.com/
 http://moneycentral.msn.com/detail/stock_quote?Symbol=bni



734 名前:名無しさん@お金いっぱい。 投稿日:2008/05/04(日) 21:36:46.83 iD3bpVPE0
次にシーゲル推奨セクターの生活必需品、ヘルスケア、エネルギーと過去にリターンが高かった銘柄で、上記に含まれない銘柄をピックアップしてみた。楽天扱い以外は入れてない。

エネルギーセクター
XOM=EXXON MOBIL CORPORATION 石油 
 http://www.exxon.mobil.com/
BP=BP P.L.C. - ADR 石油
 http://www.bp.com/home.do?categoryId=1

生活必需品
MO=ALTRIA GROUP, INC. 食品タバコ
 http://www.philipmorris.com/
PM=PHILIP MORRIS INTERNATIONAL INC. タバコ
 http://www.pmintl.com/
PEP=PEPSICO, INC. 飲料
 http://www.pepsico.com/
K=KELLOGG COMPANY 食品
 http://www.kelloggs.com/
HNZ=H. J. HEINZ COMPANY 食品
 http://www.heinz.com/

ヘルスケア
MRK=MERCK & CO., INC. 医薬品
 http://www.merck.com/
ABT=ABBOTT LABORATORIES 医薬品
 http://www.abbott.com/
PFE=PFIZER INC. 医薬品
 http://www.pfizer.com/

金融
JPM=JPMORGAN CHASE & CO. 金融
 http://www.jpmorgan.com/


参考 セクター別ETF
http://www.ishares.com/home.htm
KXI=iSHARES S&P GLOBALCONSUMER STAPLES SECTOR 生活必需品
http://moneycentral.msn.com/detail/stock_quote?Symbol=kxi
IXC=iSHARES S&P GLOBAL ENERGY SECTOR ヘルスケア
http://moneycentral.msn.com/detail/stock_quote?Symbol=ixj
IXJ=iSHARES GLOBAL HEALTHCARE SECTOR
http://moneycentral.msn.com/detail/stock_quote?Symbol=ixc

さて、
ここから上記の銘柄を繁派、バフェット派思考で分析して絞るのだが、
この他にも問題山積で、
・セール中の銘柄を購入する資金をどうするか? 高値の保有銘柄を売却して資金を作るのか、$MMFを何割か混ぜてそれで買いますのか?
・新興国の株をどうしよう?
 ACWIで済ます、EEM購入、アクティブ投資信託で対応、国別ETFで対応などなど
・ヨーロッパの個別銘柄、該当3セクターをどうするか?
・バリュー系ETFの扱いが始まったら、それを組み込むか?
・グローバル小型株をどうするか? ・・・疲れたので今度にしよう。

あと、これは入れないとおかしいだろうって銘柄あれば適当に指摘 して欲しい。楽天扱い無くても可なんで、補足していく。



735 名前:名無しさん@お金いっぱい。 投稿日:2008/05/04(日) 22:03:34.44 dkcaYC6h0
エネルギーセクター
TOTとCVXは?

生活必需品
BTI、DEO、NSRGYは欧州の銘柄。

ヘルスケア
バークシャーはGSKを買っている。
あと、sanoviなんとかも買っている。

金融
配当利回りが高いのは英国金融会社。
HSBC、バークレーズなど。

バフェット戦略を取りたかったらBRK-Bだけ買っとけばいいのでは。




736 名前:名無しさん@お金いっぱい。 投稿日:2008/05/04(日) 22:29:41.59 iD3bpVPE0
>>735
Firstradeあたりに口座作らないと買えない銘柄多いな・・・。
BRK-B買えば早いのは分かるが、完全にバフェット銘柄で固めるつもりも無いし。

CVXを追加。
CVX=CHEVRON CORPORATION 石油
 http://www.chevron.com/

TOTは知らなかった。調べとく。

生活必需品
全部楽天では無理だが無視できない銘柄なんで追加。

BTI=British American Tobacco 
 http://www.bat.com/
DEO=DIAGEO 
 http://www.diageo.com/en-row/homepage.htm
NSRGY=Nestle 
 http://www.nestle.com/

ヘルスケア

GSK=GLAXOSMITHKLINE PLC - ADR
 http://www.gsk.com/

金融にHSBCとバークレーを追加。

BCS=BARCLAYS PLC - ADR
 http://www.barclays.co.uk/
HBC=HSBC HOLDINGS PLC - ADR
 http://www.hsbc.co.uk/1/2/

どんどん、増えやがるぜ! とても全部は買えねぇよ。


737 名前:名無しさん@お金いっぱい。 投稿日:2008/05/04(日) 23:39:31.94 m2/Ay1gv0
要約するとETF買えってことでおk?


738 名前:名無しさん@お金いっぱい。 投稿日:2008/05/05(月) 00:05:25.42 q+q7j0kh0
要約しすぎ。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
なんだか散漫になってしまったので引用は以上にしますが、くだらない投資本を100冊読むよりこのスレッド全体を熟読しといたほうがいいのではと真剣に思います。
では。

【2008/05/13 23:58】 | 投資一般 | トラックバック(1) | コメント(0)
新生銀行からの振込みについて
いささか旧聞に属しますが、5月1日付けで、新生銀行から他行への振込みが、月1回まで無料に改悪されました。
http://www.shinseibank.com/investors/common/news/pdf/pdf2008/080501ft_j.pdf
とりあえず、野村信託銀行の無料送金キャンペーンが終わらないことを祈るばかりです。
(野村信託銀行だと、コンビニのATMなどから野村證券に入金でき、そこから野村信託銀行にお金を移せるので、便利に使えると思います。野村信託銀行に口座を作りたい方は、まず野村證券に(オンラインで)口座を開く必要があります。そして、野村證券に口座ができたら、野村ホームトレードにログインして、そこからオンラインで野村信託銀行の口座開設の申し込みをすることになります。2度手間で面倒ですが、いったん口座を作ってしまえば、かなり使い勝手がいいので、それだけの価値はあると思います。)
【2008/05/11 20:19】 | 投資一般 | トラックバック(1) | コメント(0)
投資の勉強を始めたばかりの人にお勧めの本(あくまで個人的意見ですが)
最近、投資を勉強し始めたばかりの方に、どんな本をお勧めするのがいいのかを考える機会があり、いろいろ考えた結果、やはり、この2冊をお勧めすることにしました。


「臆病者のための株入門」は、1章から3章は読み流していいと思います。4章以降から熟読されたほうがいいと思います。
「黄金の扉を開ける賢者の海外投資術」は、投資の勉強を始めたばかりの人には、かなり高度な内容だと思うので、最初から全部理解しようとせず、読み流す程度でいいと思います。ただし、1章は「臆病者~」の復習的内容なので、しっかり読まれたほうがいいと思います。

補足点として、橘玲さんはこれらの本の中で、「世界株ポートフォリオを保有する」手段として「MSCIコクサイ」を勧めていますが、MSCIコクサイには、日本株が含まれていないので、今までは、それを別に買う必要がありました。しかし、最近、iSharesから、ACWIというETFが出ましたので、今では、これ1本買うだけで、世界株ポートフォリオが完成します。
参考URL
http://401k.sblo.jp/article/9792470.html
(この時点では、準備中となってますが、もう上場されてます)

【2008/05/05 00:37】 | 投資一般 | トラックバック(0) | コメント(2)
駒沢公園散歩日乗


駒沢公園散歩人のブログです。 Interactive Brokers関連の記事は、右下にある「カテゴリー」からInteractive Brokers、Interactive Brokers 2を選んでクリックするとまとめて読めます。

プロフィール

駒沢公園散歩人

Author:駒沢公園散歩人
インデックスファンド、ETFによる長期国際分散投資をしています。インデックス投資原理主義者です。証券会社はInteractive BrokersとFirstradeを使っています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

アマゾンに無い特殊な投資関連書籍はこちらへ 投資関連書籍専門店トレーダーズショップ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。