スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
The Ultimate Dividend Playbookについて
最近、シーゲル教授の影響で配当が気になっている管理人ですが、Morningstarから出ている、Morningstar DividendInvestorという有料のマガジンを編集しているJosh Petersが書いた、The Ultimate Dividend Playbook

という本が出たので買ってみました。
これからじっくり読んで、配当のいい株を探してみることにします。
スポンサーサイト
【2008/06/17 13:55】 | 投資一般 | トラックバック(0) | コメント(2)
バフェットの所有株、高配当株の情報
ウォーレン・バフェットの所有株と、その比率が載っているサイトを見つけたので貼っておきます。
http://warren-buffett-portfolio.com/
また、1957年から2003年までの間で、一番配当の高かった株ベスト3が載っていたので、それも貼っておきます。
The World's Best Dividend Stocks
これを見て、それぞれ1位のコカコーラ(KO)とアルトリア(MO)、ついでにBRK.Bを買ってしまいました。ついにインデックス投資家からの脱落です。
【2008/06/15 22:53】 | 投資一般 | トラックバック(0) | コメント(2)
ウォーレンバフェットが100万ドルの賭け-SP500はヘッジファンドに勝てる?
ヤフーファイナンスの記事によると、ウォーレンバフェットが、Protege Partners LLCというヘッジファンドのCEOと、面白い賭けをしています。
2008年から2017年の9年間について、SP500が、ヘッジファンドいくつかの集合と、手数料その他全てを含めたリターンを比べて、アウトパフォームするかどうかというものです。もちろんバフェットはSP500が勝つほうに賭けています。
負けたほうが、100万ドルをチャリティーに寄付することになっています。
賭けの詳細はこちら。そのサイトで読者投票が見れるのですが、今のところ81%の人がバフェットが勝つと投票しています。
僕も、やはり、バフェットが勝つと思います。(それまでバフェットが生きているかどうかは不明ですが、お互いに32万ドルずつ最初に出して、64万ドルをゼロクーポン債で運用して、100万ドルにするようです)
追記
CNNにも記事がありました。
【2008/06/10 15:26】 | 投資一般 | トラックバック(0) | コメント(6)
The Investor's Dilemmaが届きました
先日注文した、The Investor's Dilemmaが届いたので、早速読みました。

著者は、ほとんどの投資信託はぼったくりだといい、どうやって良い投資信託を見つけるかについて、いろいろ注意点を挙げた後で、次の2つのファンドを推奨しています。
・Fairholme
チャートはこちら
・Wintergreen
チャートはこちら
この著者は、インデックスファンドよりも、経験豊かなファンドマネージャーが運営するアクティブファンドの方がリターンがよいという考えのようです。そして、ポートフォリオが小さく(含まれる会社の数が少なく)、入れ替え率が少ないファンドが良いといっています。そして、信託手数料が多少高くても、リターンが高いファンドが良いファンドだといっています。
他には、value指向のファンドとして、
First Eagle Funds
FPA Funds
Longleaf Partners Funds
などが推奨されていました。

【2008/06/10 02:16】 | 投資一般 | トラックバック(0) | コメント(0)
「新賢明なる投資家」を読んでいます
いまさらながら、とあきれられそうですが、ベンジャミン・グレアムの「新 賢明なる投資家 上下」


を読んでいます。
この本は、グレアムの原著に、現代に合わせた注を各章に付けたもので、バフェットのまえがきとあとがきがついています。
バフェットはその中で、以下のように、「効率的市場仮説」を痛烈に批判しています。
「効率的市場仮説」では、株式市場での株価の動きはランダムであると信じられ、そこで勝ち続けるのは偶然に過ぎず、そういう勝者が本を書くのは、「じゃんけん大会でたまたま20連勝した人が本を出すようなもの」と皮肉られるのが常です。
しかしバフェットは、グレアム門下の何人かが、皆、株式市場で成功していることを引き合いに出して、「たまたま全米のじゃんけん大会に何十回も勝ち続けるサルが何匹かいたとして、それが全て同じ動物園の出身だとしたら、それは偶然といえるだろうか?」と皮肉っているのです。
先日記事を書いたシーゲルの「株式投資の未来」と同様、この本も、注目されている花形産業の割高株を避け、本質価値よりも割安に放置されている株を探そうという姿勢に貫かれています。
古い本ですが、新しい注やバフェットの文章も含めて、今読み直す価値は十分にあると思いました。
【2008/06/08 21:59】 | 投資一般 | トラックバック(0) | コメント(6)
vanguardがVTI、VWOなどのETFを分割へ
VTI、VWOなど、100ドルを超えているETFの流動性を高めるため、vanguardがETFの分割を実施するとのこと。ヘッジファンドクルークの記事で知りましたが、ネットで検索したらすでに欲豚さんが記事にしてました。情報はやっ。
僕としてはVEUも流動性アップのため分割していただきたいです。IBでいつも買えないので。
【2008/06/06 21:22】 | 投資一般 | トラックバック(0) | コメント(6)
消える可能性のあるETFは?
ヘッジファンドクルークの記事より、次のようなETFが消える可能性があるそうです。

ETF業界の一般的な見方としては、「運用資産1000万ドル未満」「運用年数1年未満」のETFが要注意であると同誌は指摘する。この両方の観点から、モルガン・スタンレーのリストには、要注意ETF58本を列挙されているという。
運用会社ごとの要注意ETFの本数は次の通り。
(1)iShares 4本
「FTSE NAREIT real estate index」シリーズ5本ののうちの4本。
(2)クレイモア 5本
同社はすでに今年初めに11本のETFを清算している。
(3)ファースト・トラスト 14本
同社最大のETF「First Trust Multi Cap Growth AlphaDEX Fund(FAD)」でも、運用資産は550万ドル前後しかない。
(4)インベスコ・パワーシェアーズ 3本
次の3本が該当する。
PowerShares FTSE RAFI Consumer Services Sector Portfolio (PRFS)
PowerShares FTSE RAFI Consumer Goods Sector Portfolio (PRFG)
PowerShares Dynamic Hardware & Consumer Electronics Portfolio (PHW)
(5)プロシェアーズ 5本
いずれもレバレッジ型ETFが該当し、1本を除いてすべてバリュー株ファンドとなっている。中でも最大なのが「ProShares Ultra Russell 1000 Value (UVG)」で運用資産は920万ドル前後となっている。

(6) ライデックス 5本
5本のうちの1本は「Rydex S&P Smallcap 600 Pure Growth ETF (RZG) 」、残りは「equal-weighted」シリーズに該当する。
(7)SPDRs(スパイダーズ) 2本
「SPDR DJ Wilshire Large Cap ETF (ELR)」と「SPDR S&P Pharmaceuticals ETF (XPH)」が該当する。
(8)ウィズダムツリー 2本
国内外のセクター特化型株式ETFである「WisdomTree International Technology Sector Fund (DBT)」と「WisdomTree International Consumer Cyclical Sector Fund (DPC)」の2本が該当する。
(9)XShares health sector ETFシリーズ 16本
同社の場合、ヘルスケア関連のファンドが該当する。そのうち4本は運用資産が200万ドル程度となっている。

Seeking Alphaの元記事はこちら
【2008/06/03 15:04】 | 投資一般 | トラックバック(0) | コメント(2)
FirstradeのValet Accountの券面について
これまで何回か記事にしましたが、FirstradeのValet Accountの券面が金から銀に変わりました。こんな感じです。
valetaccount

以前のカード(オサーンさんのところから無断リンクです。ごめんなさい)
より、すっきりした印象になっています。
見た目は、年会費無料の東京ミッドタウンカードそっくりなので、危ない場所で出しても襲われる心配はないかもしれません。あ、でも、よくみるとPLATINUMって思い切り書いてありました(^_^;)
【2008/06/02 23:19】 | Firstrade | トラックバック(0) | コメント(0)
駒沢公園散歩日乗


駒沢公園散歩人のブログです。 Interactive Brokers関連の記事は、右下にある「カテゴリー」からInteractive Brokers、Interactive Brokers 2を選んでクリックするとまとめて読めます。

プロフィール

駒沢公園散歩人

Author:駒沢公園散歩人
インデックスファンド、ETFによる長期国際分散投資をしています。インデックス投資原理主義者です。証券会社はInteractive BrokersとFirstradeを使っています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

アマゾンに無い特殊な投資関連書籍はこちらへ 投資関連書籍専門店トレーダーズショップ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。