スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
ウィリアム・バーンスタインのThe Intelligent Asset Allocatorを読む
名著「投資四つの黄金則」を書いたウィリアム・バーンスタインの処女作、「The Intelligent Asset Allocator」がamazon.comから届いたので読み始めました。アマゾンへのリンクをクリックしてもらえばわかりますが、表紙の左上に、黄色地に黒で、でかでかと「This is a GREAT book! John C Bogle」と書いてあります。

序文からバーンスタイン先生は飛ばしてます。「simpleton's portfolio(ぼんくらのポートフォリオ)」(アメリカ大型株インデックス、アメリカ小型株インデックス、外国株インデックス、アメリカ短期国債をそれぞれ25%ずつ持ったポートフォリオ)が、S&P500インデックスを上回るパフォーマンスを上げ、リスクはより少ないこと、そのS&P500インデックスが世の中のアクティブファンドの75%をアウトパフォームしていることを述べ、「この本のこれから先を読むのがだるいんだったら、このぼんくらポートフォリオを組んで、一年に一度、年末に元の比率になるようにリバランスするだけで、ほとんどのアクティブファンドをアウトパフォームできる。年間それにかかる時間は、最初に15分、リバランスに15分といったところだろう。後の時間は投資のことを忘れていていい」と言い切ってます。そして、インデックスファンドは強くバンガードを勧めると言っています。
実際、僕が最近読んだ、「イェール大学CFOに学ぶ投資哲学」でも、大手ミューチュアルファンド会社10社の中で、バンガードのみが、非利益追求型の会社であり、加入者利益の追求に専心していると述べられていました(同書334ページ以降)

さて、このぼんくらポートフォリオ、ETFで組むとしたらこんな感じでしょうか?

SPY(expense ratio 0.08%)
VB Vanguard Small-Cap Index ETF (expense ratio 0.10%)
VEU Vanguard FTSE All-World ex-US Index ETF(expense ratio 0.25%)
BSV Vanguard Short-Term Bond ETF(expense ratio 0.11%)





追記:ウィリアム・バーンスタインのサイト
http://www.efficientfrontier.com/
にて、この本のforeward、chapter1、chapter2が読めます。残念ながらぼんくらポートフォリオの載っているIntroductionは読めません。
スポンサーサイト
【2007/05/09 23:19】 | 投資一般 | トラックバック(0) | コメント(0)
<<firstradeのValet Accountをアプライする | ホーム | 公共料金をおサイフケータイで支払う>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://komazawapark.blog99.fc2.com/tb.php/47-ce4ae61a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
駒沢公園散歩日乗


駒沢公園散歩人のブログです。 Interactive Brokers関連の記事は、右下にある「カテゴリー」からInteractive Brokers、Interactive Brokers 2を選んでクリックするとまとめて読めます。

プロフィール

駒沢公園散歩人

Author:駒沢公園散歩人
インデックスファンド、ETFによる長期国際分散投資をしています。インデックス投資原理主義者です。証券会社はInteractive BrokersとFirstradeを使っています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

アマゾンに無い特殊な投資関連書籍はこちらへ 投資関連書籍専門店トレーダーズショップ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。