スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
Firstradeから問い合わせの返事が届く
FirstradeにValet Accountの申請書類を送って2日、何も音沙汰がないので、カスタマーサービスにメールして、ちゃんと書類届いてますかって聞きました。
するとすぐメールが来て、「質問を受け付けました、今のタイムスケジュールだと返事は2日後ぐらい」という内容でした。で本当にそれから2日でメールが来て、「ちゃんと書類は届いてます、小切手帳とビザデビットカードは2週間くらいで届くと思う。それより遅れるようだったらまたメールください」という内容でした。
これくらいのタイムスケジュールで返事がくると、安心できますね。
これで、やっと、
セブンイレブン→新生銀行→IB→UBOC→Firstrade→デビットカードで買い物
というサイクルが完成しそうです。
スポンサーサイト
【2007/05/19 00:46】 | 投資一般 | トラックバック(0) | コメント(4)
<<コモディティのETF | ホーム | Interactive Brokersのカスタマーサービスと話すその2>>
コメント
いつもお世話になってます。

お買い物経路完成おめでとうございます。
投資して使用する一連の経路で、為替スプレッドその他のぼったくりが一切ないのは、ある意味感動ですね。

IBはこうした海外資金移動のコアとして本当に便利です。

個人的には結構めんどうくさがって、こういう経路を開発することを先送りしがちです。

なお、私はIBからWireTransferでFirstradeに直接資金移動してますが、UBOCを間に入れられている意味は何かおありなのでしょうか?どうでもよい話ではありますが。

それでは、今後ともよろしくお願いします。
【2007/05/19 08:47】 URL | VMax #-[ 編集]
VMaxさん、こんにちは。
UBOCを間に入れている理由は2つあって、
(1)月に2度目からの送金もACHだと1ドルと激安
(2)時々UBOCで資金移動がないと、休眠口座にされて、最後には州に資金を没収される
ということです。でも月に一度しか資金移動しないなら、たしかに直接firstradeに送ったほうが便利ですね。
【2007/05/19 09:27】 URL | 駒沢公園散歩人 #CofySn7Q[ 編集]
駒沢公園散歩人さん。
お世話になります。

つまらない質問にお答えいただき、ありがとうございます。
なるほど、ACHで1ドルですか。知りませんでした。確かに休眠口座にされるのも面倒です。

私も米国銀行口座を持っているのですが、たまに日本から資金を引き出すようにして、休眠口座扱いにならないように注意しています。それで効果があるのかどうかわかりませんが、一応、一度も休眠口座扱いを食らったことがありません。

それでは、今後ともよろしくお願いします。
【2007/05/19 10:12】 URL | VMax #-[ 編集]
今晩は。私の始めたばかりのブログにお越しいただき、まことに有難うございました。

海外証券を活用されたETF運用法というのには、橘玲氏ほかの著作の影響もあって、興味を抱きました。私にはまだそこまで踏み出すだけの勇気も言語力も資金もありませんが、検討の一つには入れさせていただきたいと思います。

こちらからリンクをはらせて頂きました。今後とも宜しくお願いいたします。
【2007/05/20 01:02】 URL | 新幹線 #FyfYRPZg[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://komazawapark.blog99.fc2.com/tb.php/54-6ea9696f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
駒沢公園散歩日乗


駒沢公園散歩人のブログです。 Interactive Brokers関連の記事は、右下にある「カテゴリー」からInteractive Brokers、Interactive Brokers 2を選んでクリックするとまとめて読めます。

プロフィール

駒沢公園散歩人

Author:駒沢公園散歩人
インデックスファンド、ETFによる長期国際分散投資をしています。インデックス投資原理主義者です。証券会社はInteractive BrokersとFirstradeを使っています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

アマゾンに無い特殊な投資関連書籍はこちらへ 投資関連書籍専門店トレーダーズショップ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。