スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
ジム・ロジャースの講演のDVDを見る
5月15日のブログで言及した、ジム・ロジャースが日本で行なった講演を記録したDVD本「冒険投資家ジム・ロジャースが語る投資の戦略」を見ました。
そこでは、これから2014年~2020年頃まで、商品の上げ相場が続くであろうということ、中国語を子どもに学ばせたほうがいいこと、自分が本当にわかったものにしか決して投資してはいけない(Do your homeworkと何度も強調していました)と述べていました。
また、商品インデックスについて、ダウ・ジョーンズAIG商品指数は、アメリカで上場されている商品に偏っていて問題があること、ゴールドマンサックス商品指数(GSCI)は、世界生産量に基づいて決められるため、石油にオーバーウエイトされていること、また、年々構成比率が変わるため、そういう不安定なものに自分のお金を預ける気になれないことを述べていました。
そして、中国の何に投資しますかという問いには、中国が買う商品に投資すべきだということ、また、いま割安で放置されており、いずれ他の商品にキャッチアップしてくるような商品に投資すべきだと述べていました。(中国株を買えとは言いませんでした)
そして結局、最後まで、自分の投資指数(RICI)に連動するファンドを買えとは一言も言いませんでした。
強調していたのは、自分がしっかり調べて、本当に割安だと思ったものにしか投資してはいけない、人生においてそういうチャンスは10か20ぐらいしかない、それに投資すべきだということです。そしてよくわからないときは何もしないことが重要だとも。
商品先物市場は、日本でもNYでも、投機筋はあるだろうが、結局需要と供給で商品価格は決まってくるはずだし、裁定もあるから、どこの市場で投資してもよいだろうと言っていました。
やはり、商品先物の勉強をしないといけないんでしょうかねえ。ということで一応林輝太郎の「商品相場必勝ノート」も通読してみました。






スポンサーサイト
【2007/05/26 00:09】 | 投資一般 | トラックバック(0) | コメント(2)
<<アメリカの祝日 | ホーム | コモディティのETF>>
コメント
はじめまして。
リンクに私のブログを加えていただいてありがとうございます。

私も以前、三貴商事という会社が主催するジム・ロジャーズの講演に参加しましたが、同じような内容を話していました。

コモディティへの投資については、GSCI light指数(GSCIよりもエネルギー関連のウエイトが少し低いです)に連動するニッセイコモディティファンドを少々持っていますが、今のところあまりリターンは良くないですね。

私のほうでもリンクさせて頂きました。今後ともよろしくお願い致します。
【2007/05/26 16:13】 URL | Ito #ch2f7abI[ 編集]
Itoさんはじめまして。
拙ブログにお越しいただいてありがとうございます。ニッセイコモディティファンド、見てみましたが、エネルギーセクターの不調により今ひとつのようですね。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
【2007/05/26 19:09】 URL | 駒沢公園散歩人 #CofySn7Q[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://komazawapark.blog99.fc2.com/tb.php/56-829a0f35
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
駒沢公園散歩日乗


駒沢公園散歩人のブログです。 Interactive Brokers関連の記事は、右下にある「カテゴリー」からInteractive Brokers、Interactive Brokers 2を選んでクリックするとまとめて読めます。

プロフィール

駒沢公園散歩人

Author:駒沢公園散歩人
インデックスファンド、ETFによる長期国際分散投資をしています。インデックス投資原理主義者です。証券会社はInteractive BrokersとFirstradeを使っています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

アマゾンに無い特殊な投資関連書籍はこちらへ 投資関連書籍専門店トレーダーズショップ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。